審査の甘い消費者金融~属性、信用情報、年収低くても借りれる

審査の甘い消費者金融とは?

審査の甘い消費者金融とは、属性の低い人や年収の低い人、過去の信用情報が悪い人でも審査に通りやすい消費者金融を言います。

もっと分かりやすく言うと・・・・・万人向けにお金が借りやすい消費者金融のことです。

消費者金融には色々な職業の人が融資の申し込みをします。

一般のサラリーマンもれば、お堅い仕事をしている公務員もいれば、アルバイトやパートなどのフリーターや非正規雇用者もいます。

最近多い労働形態である派遣社員や契約社員の方も消費者金融のお世話になるケースが多い。

でも、これらの全ての人がお金が借りれるとは限りません。

大体ですが・・・約半数の人が審査に落ちてしまいます(過去のデータを見ると)

審査に受かる人と審査に落ちる人は、どんな違いがあるでしょうか?

これはやはり職業や年収などの属性、過去の利用実績、現在のローンやクレジットの利用状況などの信用情報、色々な要素を組み合わせて点数化(スコアリングといいます)した上で消費者金融会社は審査結果を出します。

当然ですが、低いスコアリングで審査が通りやすい会社は「審査基準の甘い消費者金融」といえますし、低いスコアリングでは審査になかなか通らない会社は「審査基準の厳しい消費者金融」といえます。

現在、そこそこ属性が高い人、安定した職業についている人、年収が高い人、過去のローンやクレジットの利用履歴が良い人(過去にトラブル無い人)は、審査の厳しい消費者金融でも簡単に借りれます。

一方で属性が低い人、フリーターなど不安定な職業についているひと、年収が低い人、過去のローンやクレジットの利用履歴にトラブルがある人(事故歴がある人)などはなるべく審査の甘い消費者金融を選ばないとなかなか審査に通りません。

しかし、消費者金融の審査基準は各会社によって異なります。
各消費者金融会社はその審査基準を教えてくれることはありません。

なので推測して判断しないといけません。

過去の口コミ情報などが審査の甘い消費者金融を見つけ出す重要なヒントと言えます。